AEAJ認定アロマセラピスト、ラベンダールーム主宰 日常のことを徒然なるままに書いています


by cardomon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2007年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

感慨深い

4月20日にPTA総会があり、2年間のPTA本部書記の任期が
終了しました。

子供が幼稚園~小学校低学年の時にはアロマインストラクター養成講座や
アロマセラピスト養成講座、天然素材の化粧品を作るための勉強、
レイキの技術習得するために表参道や品川まで週2~4回勉強に行っていたため、
PTA活動には積極的には関わっていなかったんです。


2年前の2月のある日に当時のPTA副会長から
「本部書記として推薦された」とお電話頂いた時には
仕事とPTA本部の活動を両立してやっていけるのだろうか・・・って
不安感いっぱいになりましたが、
きっとこれはスキルアップできるチャンスに違いないって漠然と思えて快諾してしまいました。


週1回ペースで学校に行って会議や各委員会の方との調整。
新入生の会員向けの資料を作って配布、運動会ではPTAレースなどの
仕切り、バザーの時にはケーキを作って本部喫茶で販売、
総会の前には総会資料を作ったり、古紙集積活動など・・・。
この2年間いろいろな活動をさせて頂きました。

役員として学校に行くことで学校の様子、子供の様子を
垣間見ることができたし、子供たちも親がリサイクル活動などに
積極的に関わっているのを見ると関心が高まるようですね。

役員ど素人の私がなんとか無事にこなすことができたのは
スケジュールを前倒しで決めて頂くことができたお陰で仕事とPTA活動を
上手く両立することができたし、本部の仲間達とは部活のような感覚で
楽しい時間を共有でき、感慨深い2年間を過ごすことができたなと
感謝しています。

今年は去年本部で導入した古紙集積などのお手伝いをさせて頂き、
アルミ缶回収などのリサイクル面で協力させて頂こうと思っています。
[PR]
by cardomon | 2007-04-22 22:55 | PTA活動

1月~3月までに観た映画

この時期物凄く忙しかったので、
今思うとよく時間を作れたな・・・と思ってしまうのですが、
好きな映画を数本観ることができました。

1月は「愛の流刑地」
2月は「マリーアントワネット」
「バブルへGO」

3月は「アンフェア」、「ナイトミュージアム」


ちょうどこの時期に「ハケンの品格」が放映されていたんですが、
タイムリーに観ることができず、DVDに録っては隙間時間に観ることが
楽しみの1つになっていたんです。
その後にアンフェアのドラマの再放送をDVDに録り、隙間時間に
録り溜めたものを観ていたらどうしても映画が観たくなって
・・・。


「ナイトミュージアム」は以前上映前のCMで観た時から必ず観ようと
決めていた作品の1つです。

先日、ある日の休日に上野の東京都美術館に行き、
オルセー美術館展を鑑賞した後に桜を見ながらお散歩して
博物館にも立ち寄る予定でしたが・・・・
オルセー美術館展が予想をはるかに上回る込みようで・・・
美術館観たあとに立ち寄るのを断念しました。


考えてみたら大人になってからは美術館には行くけれど、
博物館には行ってないな~。
皆さんはいかがですか?

子供に立ち返ったつもりで博物館めぐりをするのも楽しそうですね♪
[PR]
by cardomon | 2007-04-04 01:53 | 映画・テレビ

親子で頑張りました^^

すっかりブログから遠ざかってしまいましたが、
皆さんお元気でしょうか?


お客様のお嬢さんが属しているダンスの発表会を観てきました。

日頃お客様から「ヒップホップ、タップダンス、クラッシックバレエ・・・・の
練習があって、お子さんは勿論母親の力はかなり必要とされている
ダンススクールなのよ」と聞いていたので、
きっと素晴らしいものなんだろう・・・とは思っていたんですが、

発表会は予想を悠に上回るものでした!!!

今まで何度かクラッシックバレエの発表会は拝見してきましたが、
こんなにも素晴らしいものは観たことありませんでした。

とてもお子さんのものとは思えないくらいにレベルが高いのです!

演目はヒップホップ、タップダンス、クラッシックバレエ・・・と多様で
メリハリがあり、3時間飽きずに見とれてしまいました^^

発表会というよりもダンサーであるお子さんたちの作品を
十二分に楽しませて頂いたように思います。

お子さんの能力は勿論あるのでしょうが、
そのお子さんの才能をサポートできるお母様方の力なくしては
叶わないステージなんだと思いました。

作品が変わる度に衣装や髪型を変えてお子さん達が登場する度に
裏方のお母様たちは早着替えや髪型直しをしながら
舞台の袖で緊迫した状態で過ごされたのではないか・・・と思います。

お子さん、お母様方の頑張り、素晴らしいステージを企画なさった
先生方の素晴らしさに拍手を送りたいと思います。


次回の作品に期待しています。
[PR]
by cardomon | 2007-04-01 18:49 | おでかけ