AEAJ認定アロマセラピスト、ラベンダールーム主宰 日常のことを徒然なるままに書いています


by cardomon
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:セミナー参加( 34 )

学問の秋?

秋も深まり、読書が楽しい季節になってきました。
そんな時期だからでしょうか・・・

先週末に漢字検定試験が終わり、今週は児童英検の試験、来月は珠算の検定試験が
あります。
e0046588_12214752.jpg


漢字が苦手な小2の息子に自信を持たせたくて今年の3月に2ヶ月足らず勉強に
付き合って9級合格し、「やればできるんだ」という自信が芽生えたようです。

新学年になってから8級の勉強を始めたのですが、まだ一人では勉強できずに
付き合って欲しいといわれるのですが、夏休みに若干サボってしまったこと、
私自身もなんだかんだ忙しくて夕食後に見てあげる程度でした・・・。
こういう時に親の力を発揮せねばいけないのでしょうが、なかなか・・・。

まだ結果はでていませんが、結果が奮わなくても怒るつもりはないです。
結果よりもそれまでの過程が大事だと思うからです。

息子は「お母さんが漢字検定2級持っているんだからその子供である自分にできない
ことはないよね」っていいながら毎日音読したり、書き取り、書き順を学んでいる
姿がいじらくて・・・。

普段の授業ではおそらく漢字の勉強に充てる時間はそれ程ないと思うのですが、
書き順やら画数についても学べる漢字検定はいい教材だなって思います。
 
[PR]
by cardomon | 2005-10-24 12:08 | セミナー参加
先日、株式会社生活の木主催の香りのコンテストに出品しようと思って
とりあえず5パターンの香りを試香紙につけてお友達に見てもらった
お話をしましたが、今回はそれを出品するための作業について
書きたいなと思います。

まず、出品予定のお店に行って、コンテストに出品したい旨、伝えると
規定の瓶、ラベル、出品作品について書く応募用紙がいただけます。
そして「1人1本のみ出品して下さいね」とおっしゃられて
しまいました。
実は自分の中で甲乙つけ難い香りがあってできることなら
「2本出品したかった」のですが、こればかりは仕方がないですよね。

さっそく、帰宅後に甲乙つけ難かった香りを再度嗅ぎ、しばらく考えて
しまいました。考えがまとまらなかったので、とりあえずお風呂に入り
それから香りのイメージ(今年は和の香りです)を考え、風景を頭の中で
映像化しているうちにどんどん香りがまとまってきました。
で、1本作り夜も更けてきましたので、眠ることにしました。

翌日、生活の木の喫茶コーナーでハーブティー&チョコミントのケーキを
頂きながら作品について100文字、香りの使い方について書きまして
無事出品できました。

以前、香りのエレガンス講座で岩間先生がフレグランスをブレンドする
時にはスケッチブックを横に置いてイメージを捉えてからブレンドすると
いいとおっしゃられていたのです。
今回はスケッチブックには書かなかったのですが、頭の中でイメージものが1つの作品になるのは楽しい作業です。

折角だから自分用にもう1つのパターンで作ってみようかしら♪
[PR]
by cardomon | 2005-10-21 02:15 | セミナー参加
夕方から手作りメイク&化粧品講座(応用科)に参加しました。
梅原先生よりホルモンについてレクチャー頂き、残りの1時間でアイシャドウ作りの
実習をしました。
e0046588_23421415.jpg


私は日頃茶系のものを使っているので、「白、金茶、こげ茶」の3色のコンパクトの
ものを作りました。帰宅後に余った材料を使ってもう1パターンのアイシャドウを
作りました。2回目に作った方はこげ茶が割りと多めなので、アイライナーとして
使おうかなと思っています♪

講座は4月から基礎科・応用科と同時に学びましたが、
内容はインストラクター養成講座で学んだ解剖生理学がベースになり、
それに肌質別の組成、ケアの仕方、洗顔方法、ホルモンや睡眠についてなどに
ついてレクチャー頂きました。
化粧品についても基礎化粧品、メイク用品全般の作り方を学んだので、
チョコチョコ作り続けていこうと思っています。
[PR]
by cardomon | 2005-09-26 23:51 | セミナー参加

チーク作りました♪

今日はメイク基礎講座6回目。
梅原先生から「しわ・たるみ」についてレクチャー
いただいた後にオレンジ色のチークを作りました♪
e0046588_23514598.jpg


いかがでしょうか?

乳鉢に基材になるもの、好みのアースピグメントを混ぜてメイク品を作って
いくのですが、前半はしっかり勉強、後半はじっくりと作業するという
メリハリ感が結構好きですね。

メイク講座は今年の4月から基礎・応用同時進行で6ヶ月間通いました。
肌タイプ、スキンケア、日焼け、しわ・たるみ、しみ・色素沈着、
乾燥肌、普通肌、脂性肌などについて学び、合わせて食生活、睡眠、ストレス
対策など興味深い内容の授業を受講し、
後半の1時間でメイク品(ハンドメイドギルド認定の化粧水、乳液、クレンジング、
パック、スクラブ、口紅、ブレストファンデーション、スキンオイル、
グロス、パウダーファンデーデョン、チーク)を作ってきました。

今はどれも私のメイクコレクションになっています。

手作りメイク品を作る面白さは微妙な配合によって全く違う作品ができると
いうことです。
例えば、口紅やファンデーションを作る時はミクロスパーテル(薬匙)
を使ってアースピグメント(大地から採れるカラー。石油系ではない顔料)
を入れるわけですが、すり切りいれた場合やや多めの時には微妙な色の違いが
できるんです。

また、生徒同士で発色具合を見たり、「あなたのブレンドいいわね」と教えてもらったり・・・。

ただ、防腐剤、保存料をいれずに作るために少量しか作れないところが
ネックではありますが、数パターンの配色を使ってオリジナルなものを
作るのも楽しいかな♪
[PR]
by cardomon | 2005-09-12 23:49 | セミナー参加