AEAJ認定アロマセラピスト、ラベンダールーム主宰 日常のことを徒然なるままに書いています


by cardomon
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:セミナー参加( 34 )

MIC(メディカルハーブ広報センター)主催の
シンポジウム「注目を集めるフィトケミカルの可能性」が
東京農大のキャンパスで開催され、
自己啓発のために参加してみました。


(独)国立健康・栄養研究所
  情報センター健康食品情報プロジェクトリーダーである 梅垣敬三先生の
 『フィトケミカルの可能性』についての話はいろいろ考えさせられましたし、
更に勉強しなければ・・・と思いながら聴講させていただきました。


シンポジウムが終了した後に以前「手作りメイク講座」でご一緒した方と
途中までご一緒したおかげで、帰途は楽しい時間を持つことができました♪
[PR]
by cardomon | 2006-07-01 21:50 | セミナー参加
最近、オラクルカードで頻繁に「ヨガ」のキーワードが出てくるのですが、
忙しくてなかなかスタジオには行けてなくて・・・。

二ヶ月振りに行ってきました。
私が習っているのは「パワーヨガ」で、毎回先生がテーマを決めてアレンジ
してくださいます。
今回は「脊柱を鍛える」がテーマ。

ウォーミングアップ兼ねて徒歩でスタジオに行ったので、
到着する頃には汗だく・・・。
今回はゆっくりと呼吸しながらじっくりと行うポーズを中心に
1時間半のレッスンして心地よい汗が出ました。
そうそう「ブリッジは甲状腺や背中を刺激することができるポーズだから
ゆっくりやるといい」とおっしゃる先生の言葉に押されて10年ぶりくらいに
ブリッジに挑戦してみました。
全身が伸びやかになり心地よかったです^^

ブリッジはヨガの中でも激しいポーズらしく、腰に負担をかけるから
気をつけて・・・とのことです。
[PR]
by cardomon | 2006-06-02 21:59 | セミナー参加

大豆イソフラボン

以前、大豆イソフラボンの摂り過ぎはホルモン様作用(エストロゲン)が
優位になり、ガンになりやすい。
豆腐や大豆製品などの食品でも量を制限しなければいけないという報道を
見て記事を書いたことがありましたが・・・・。

先日MIC(メディカルハーブ広報センター)の野口先生(栄養士)
よりメディカルハーブセラピスト養成講座の講義を受けた時に
「大豆イソフラボンに関してはサプリメントのみ制限する
必要があるけれど、食品に関しては問題ない」と伺い、
非常に安心しました。

・・・・というのも私は豆乳、湯葉などの豆腐製品が大好きで、
毎日どれかを食していたので、少しの間大豆製品を制限していたので、
辛かったです。。。。

今は一日に野菜を350g摂取できるようなメニューを考えていますので、
大豆製品の摂取量は若干少なくなりましたが、どんなものでも
バランスよく摂取しなければいけないですね~。
[PR]
by cardomon | 2006-04-10 22:37 | セミナー参加

月夜の晩に・・・

浄化のために呼吸やセルフヒーリングは日常的に
行っているけれど、更に深く呼吸したくなって
久し振りにスタジオでヨガをしてきました。

小田先生は世田谷からご近所のバレエスタジオまで出張
して下さっています。
バレエを始めたことでめぐり会えた先生かな・・・。

レッスン後に「今日は新月なので、19時15分~8時間後までは
お願いごとが叶うらしいので、お願いごとをしましょう♪」と
先生がおっしゃられていたので、私もその時間を有効に活用することに
決めました。

小田先生とはクリスタルやチャクラの話で盛り上がりました♪

楽しかったです!!

ちょっぴり余談になりますが、満月の晩は温泉などに浸かって
月光浴すると更に美しくなるらしいですよ♪
お試しあれ~。
[PR]
by cardomon | 2006-03-29 18:33 | セミナー参加

クリスタルヒーリング

今日はアルカディアで、クリスタルヒーリングの勉強をしてきました。

以前からクリスタルは好きで、パワーストーンの本を読んだり、
チャクラに連動してセルフヒーリングしたりはしていましたが、
今回は石の産地、モース硬度などについても勉強しました。
最後に頂いた教材のクウォーツを真ん中に置いて
丹田を意識しながら深い呼吸してセルフヒーリングをしました。


先生から伺った盛り塩の話や玉串の話なども面白かったです。
[PR]
by cardomon | 2006-03-25 02:10 | セミナー参加
小学生の頃からトランプ占いに興味を持ち、短大時代には就職試験結果、
OLになってからは結婚相手についても占いました。

ARCADIA主宰の「レイキ勉強会2」の時に先生からご紹介頂いた
エンジェルオラクルカードを買ったので、昨日初めてリーディングしてみました。
久し振りのカードでしたが、なんだかとっても懐かしい感じがします。

結果は「新しいものを受け入れる」・・・・ということ。

実はレイキ2の勉強会でお会いしたerikoさんに
エンジェルカードとマーメイドカードでリーディング頂いた時も
翌週にレイキ1の勉強会の際に竹川先生にアニマルスピリチャルカードリーディング頂いた時も
同様の結果でした。

きっと私にとっていい方向へ導かれているに違いない♪

・・・と思ってポジティブに行動しようと思います。
[PR]
by cardomon | 2006-03-06 03:15 | セミナー参加

レイキの勉強会

今日はレイキのレベル1の勉強会に行ってきました。
レイキはおととしにディグリーサードまで習得し、エナジーワークの勉強
も終えているので、習熟度をみるため&竹川先生からお話を伺うのが
楽しみで参加しました。
参加者の方はまだレイキを始めて久しい方ばかりでした。

先週参加したレベル2の勉強会ではアロマセラピストの学科の講座で
ご一緒だった方やレイキの勉強会でお会いした方などと再会できて
嬉しかったです。

それぞれのチャクラをイメージしながらのセルフヒーリングを
したり、相互に座位でヒーリングを行いました。
気持ちよかったです!

ネガティブなものを浄化して心と体のバランスを保つのは
大事だな~とつくづく思います。
[PR]
by cardomon | 2006-03-03 02:17 | セミナー参加
日々の雑務に追われて記事を書くのが遅くなってしまったのですが、
11月下旬に地元の六校合同講演会に参加しました。

テーマ:「待つ」ということ ~「待てない時代」の只中で~
講師: 恵泉女学園中学高等学校長(元 日本聾話学校長)安積 力也先生

まず、初めに講演会の概要が書かれた冊子を頂いて
「聾話」って何だろう?と思いました。
「聾唖者」という言葉は知っているけれど、何がどう違うのかわかりませんでした。

講演が始まってすぐに先生から「聾話」について説明がありました。
「聾唖」は言わずと知れたことですが、
「聾話」は僅かに残された聴力を活かし、補聴器を使って聞き取り、お話ができること。

つまり、日本聾話学校というのは聾者が話す学校で、日本で1校しかないそうです。
因みに聾唖学校とは、聾者で話せない方々の学校だそうです。

先生によると。。。(以下抜粋しました)

言葉はどのようにして誕生するのか?
・聞くと聴く  (聴くは大切な他者がいないと「聴く力」は育たない。
・赤ちゃんの中で起こっていること  
 人間の言葉(母語)は愛の関係性
 言葉は大切な他者がいないと育たない。

先天性聴覚障害
・障害児を与えられた親の苦悩
  母子断絶の関係に陥り、子供に話しかけなくなる
→「聴く力」「言葉」が育たなくなる
・手をかけるVS心をかける   
 母子の関係の中で育ってくるのを待つもの:心と言葉
→母子断絶のために心と言葉が育たない

学校の取り組み
・母子関係の回復
  残存聴力の提示
  子供に内在する可愛さ、素晴らしさの提示
  母親に内在する「肯定的要素」を見出す

「待つ」親、「聴く」親へ
 母親の変貌 この子にこうさせねば →まずこの子を好きになろう
 子供の目線で待つ親に
 言葉は耳に届けるのではなく、心に届けるもの

「待つ」とは?
 子供の発達の力を信じること→「見えないもの」に目を注ぐこと
 子供を操ろうとしないこと  →「徹して聴く」者になること

最後に
 子供は自分が「された」ように「する」ようになる。
  「待てない」親や教師に育てられた子→「待てない子」に育つ
  「操る」親や教師に育てられた子→親や教師を「操る子」に育つ

 「待つ」親や教師に育てられた子は時代がどんなに暗転しても
 「信じて待てる」子に育つ。
 
 「恐れ」は対象の心を閉じさせる。「愛」は開かせる
 
 「この子を授かったのは、私のためだった」恵みの棘としての我が子


~エピソードとしてこんな話も聴かせていただきました。~
 幼稚部のお子さんが学校から帰宅する際に
付き添われていたお母様が下駄箱から靴を取って履きなさいと促した時に
お子さんは癇癪を起して靴を投げつけてしまったそうです。
またお母様は同様に靴を揃えて置くと再び癇癪を起す
・・・というのをしばらく繰り返していたそうです。
そこへ安積先生が間に入り、
「まずはお子さんがどうしたいのか聴いてあげて下さい」といい、
お母様は「ちゃんとお母さんはあなたの話を聴くから
あなたがどうしたいのかきちんと教えて」と言われたそうです。
なかなか真意が伝わらず、お子さんもお母様も疲労してしまったようですが、
結論から言うと、「お子さんは自分で靴を置いて履きたかったそうです」

日頃、当たり前のように言葉を話し、子供の話を聴く日常ですが、
今、こうして「聴く力」を得られたのは両親に愛情をかけて育ててもらえた
という証なんですね。
そして、素晴らしい方々との出会いがあったからこそ
今があるんだなと痛感しました。
[PR]
by cardomon | 2005-12-27 15:18 | セミナー参加
11月27日に野菜の食卓のお料理教室に参加しました。
今回は安いお米でも美味しくなるお米の研ぎ方を
教えて頂いたのですが、ほんの一手間かけるだけで
もち米で作ったの????

・・・・というような食感の炊き込みご飯になりました。
以来、時間が許す限りこの研ぎ方を実践しています。

メニューは
・ごぼうと油揚げの炊き込みご飯
・きゅうりの浅漬け
・厚揚げの詰め物煮
・サツマイモの白和え
e0046588_2191450.jpg

e0046588_2192774.jpg


白戸さんはこだわりを持って素材の美味しさを引き出すような
調理法を教えて頂きました。

自宅で一度復習した時はゆっくり時間がとれなかったので、
白和え作るのにもフードプロセッサーを使ったり、
ごぼうのささがきもまとめて作っておき、電子レンジでチン♪
したりしました。

スローライフで過ごす時間がとれたら是非レシピ通りに
作ってみたいなと思っています。
[PR]
by cardomon | 2005-12-23 00:51 | セミナー参加
今日からMHICメディカルハーブカレッジのハーバルセラピスト養成講座を
受講することになりました。
第一回の今日は【メディカルハーブの歴史と今後の展望】でした。
アロマインストラクター養成講座、アーユルヴェーダ、
竹川先生のレイキ関連」で学んだことを思い出しながら三上先生のお話を伺いました。
最終的にはMHIC認定ハーバルセラピスト試験があるらしいので、
頑張って勉強しなければ・・・と思っています。

毎回ハーブについてレクチャー頂きながらハーブティーを頂くように
なるようですが、第1回目の今日は「ギンコウ」と「エキナセア」を
ブレンドせずにそれぞれ頂きました。
ギンコウは香りは苦味が強いけれど、飲んだ後に甘さが残る感じ。
エキナセアは比較的飲みなれているため、飲みにくさは感じなかったです。

【ギンコウ】
学名:Ginkgo biloba
和名:イチョウ・ギンコ
科名:イチョウ科
使用部位:葉部
★イチョウは2億年前から地球に存在し、「生きた化石」と呼ばれている
 らしいです。数種類あったようですが、現在は1種類しか残ってないよう
 です。なんとも生命力のある木ですね。
 現在はアルツハイマー型や脳血管型の認知症に用いられているらしいで  す。

【エキナセア】
学名:Echinacea angustifolia
科名:キク科
使用部位:地上部、根部
★北米の先住民が最も大切にしたハーブで、伝染病や毒蛇に咬まれたときに
 用いられた。戦後はドイツなどでの研究が進み「免疫力」を高めるハーブ として知られるようになった。
   
[PR]
by cardomon | 2005-11-16 02:24 | セミナー参加