AEAJ認定アロマセラピスト、ラベンダールーム主宰 日常のことを徒然なるままに書いています


by cardomon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

「癒しと気付きのアートセラピー」に参加しました

8月24日アルカディア・ホリスティックヒーリングスクールのワンディワークショップの「癒しと気付きのアートセラピー」に参加しました。

美術館に行ったり、絵を見るのは大好きなのですが、子供の頃から絵は下手で・・・・。
よく名前負けなんていわれていたものです・・・。

なのにどうして参加したかというと、
ちょうどスケジュール的にも都合がよかったこと、
アートセラピーとはどういうものなのか知りたかったこと、
極めつけはアートセラピーの講師である鈴木紀子先生とは竹川先生の講座で何度かお会いしたことがあったので、下手な絵を描いてもありのままに受け止めて頂けるような懐の深さを感じていたからなんです。

HPで竹川郁子先生(師匠)は
アートセラピーをご存じですか?楽しく創作しながら、自分の内なる気づきをもたらす素敵なセラピーです。このワークショップでは毎回テーマに沿って絵を描き、自己の気づきに繋げていきます。もう長いこと絵なんて描いていない、創作なんてやっていないなぁなんて方こそぜひ御参加下さい。
簡単なウォーミングアップの後は、もう童心にかえってアートの世界にGo!上手い下手はまったく関係ありません。思うがまま、心のままに創作して楽しくグループシェアリングをします。
と掲載されていたので、興味津々で参加しました。

当日の受講者は3人。
受講者の中には高校から美大の附属に通ってた方で、絵を仕事にされていた方もいましたよ。
(ちなみにこの方はどの絵も素晴らしかったです)

目の前のテーブルにクレヨンが置かれ、一番最初に好きな色を好きなだけ手にとって下さいと
言われた時に頭の中ではこの色とこの色はカラー的にはこういう意味があって・・・
チャクラに相応して考えたらこうかな・・・なんて考えてしまって・・・。

もしかしたらここで心理的にはこうですよって判断されるのかと思って、
先生にお尋ねしたら「今は何も考えなくていいですよ。そして思いついたことを
書いていただければ・・・」といわれて
ちょっぴり拍子抜けしましたが、逆に先入観を排除しなければ・・・と
思いました。

最初はスケッチブックに「○」をひたすら書きました。
書き終わるとそれぞれが自分の絵を見せ、それに対して皆さんからコメントを
頂きます。
同じ○でもひとそれぞれ全然違うものに仕上がるので、
十人十色とはよくいったものです。

次にミニスケッチブックに「丸くて温かいもの」、「丸くてやわらかいもの」、「悲しい時」、
「楽しい時」、「嬉しい時」という先生のお題に合わせてひたすら書き、
書き終わると皆さんからコメントを頂くという楽しいものでした。

最後に「自分について」というお題で書いたのが下の絵です。
e0046588_179940.jpg

何に見えますか?

下手な絵ですが、その時はとても晴れやかな気持ちで、満開の睡蓮の花を書きたいと
思ったんですよね~。

因みに私の絵を見た子供は「お母さんの絵は下手だけど、見ていてなんだか楽しい気分に
なる絵だね」と言っていました。

4時間の講座でしたが、あったいう間に時間が過ぎたような気がします。
鈴木紀子先生、竹川郁子先生どうもありがとうございました。
[PR]
by cardomon | 2007-08-29 17:54 | セミナー参加